2009年09月11日

誕生

本日19時22分、3090グラムの男の子を授かりました。
母子ともに健康です。
病院に着いて、現場に入ったらもう更新とか軽く考えれない状況でした。
なにもできないジレンマとどうすればよいか?って本を片手に考えたり、あらかじめ読んではいたんですが、実際はそんなにうまくいかないな〜って思い知りました。

結局16時に病院について嫁さんの病室に、嫁さんの両親と入替りで看病。17時までは歩いたりしてたんですが、すぐに陣痛がひどくなり18時に陣痛室に入りました。本来は分娩室に行くのですが、先客がいらしてこちらでの処置となりました。

で、夕食が出たんですが、当然嫁さんは余裕なく食べられないって言ったら旦那さんが食べてって事に。
なんか変な感じだけど食事したらおかずが手羽先だった。
いや、こんな陣痛で苦しい状態で食べにくい手羽先はないわ?
まぁ、普通に入院している人と同じなんだろうけど、健常者のおいらでも食べづらかったし、早く食べなきゃいけない状況では辛いわ。

で、18時20分くらいに双方の両親に連絡。近くで待機してくれていたのでよかったですが、ちょっと遅めだったかな?っと今では思えます。

で、19時22分に無事赤ちゃんが産まれました。
立ち会ったのですが、言葉でないですよ。
産まれるまでは、とにかく嫁さんを応援。少しでも楽になるように背中をさすったり、汗をふいたり、膝を外にむけたりでした。
先生が外国の方だったのですが、助産師さんは日本人なので指示や対応がわかりやすい日本語で逆にすっごく助かりました。
とにかく嫁さんの顔の方しか見てなかったんですが、途中で「もう頭見えます。見たください。」って言われた時には気絶しないか心配でしたよ。
最後はちょっとした器具を使って取り出したんですが、母子ともに無事にすみました。
もう、産まれた瞬間はそりゃ泣きましたよ。嫁さんに涙拭かれましたよ。
先にも書きましたが、言葉でないっす。
出てきたときの赤ちゃんの背中が思っていた以上に大きくて、でもすごく泣いてて、へその緒がものすごく予想外の色をしているのを知って、想像以上に毛が多くて・・・デジカメを持っていたのですが、撮る余裕もなくて、ムービーにしとけば良かったと今では思いますが、はっきりと焼きついてます。

嫁さんに「ありがとう、頑張ったね、すげーよ。」って繰り返し言ってた気がします。すげー頼もしかった。先生も助産師さんも「上手、うまいよ。」って褒めてたしね。

その後赤ちゃんと別室にいって両親と面会。
ここで初めて抱いたのですが、意外と重かったです。
しかも、この日は出産の多い日だったらしく、助産師さんたちが部屋にいなくなってしまって、約30分ずっと抱いてました。
なんか体制が苦しそうだし、口からはよだれなのか泡なのかわからいのが出てるし、ベットに寝かせるにしてもまだ検査とかあるみたいだし、どうしたらよいか不安だらけでしたよ。

結局その日は嫁さんと一緒に病室に泊まる事に。
普通の病室が満室だったので広い大部屋を貸切で使えました。
夜は興奮してた事もあり、たくさん嫁さんと話してたっす。

とにかく10ヶ月お疲れ様でした。これからも大変だけど、よろしく!

で、赤ちゃん。まだ名前は決定してないけど、これからよろしく!

2009091120000000.jpg
posted by KEI at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

到着

無事に病院に着きました。今晩から日付かわるくらいになりそうです。行ってきます。
posted by KEI at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キタ!

先程、嫁さんから陣痛が始まった連絡を受けました。
仕事あがって今自宅、病院のある小牧に向かいます。

ふと爪が伸びていたのに気づいて切った僕は冷静。
でも、あらかじめ車に準備しておいた着替えを血眼になって部屋で探していた僕は冷静じゃないや(笑)。

よし、まずは無事に到着することに集中しよう。
行って来ます。
posted by KEI at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記