2008年12月14日

ジュビロ残留

入れ替え戦の末、ジュビロが残留を決めました。
正直、仙台に負けると思ってました。
Jリーグの終盤は見てられない試合ばかりでした。2−0から逆転されてどうにか追いついた柏戦から見ましたが、今まで経験してなかったがけっぷちの恐ろしさに萎縮してサッカーをしている感じでした。
鹿島戦も途中で守備を固めて引き分け狙ってたのに、ロスタイムの失点。人数は多く居たのに守れなかった勝負弱さ。
オフトは残留をさせたけど、辞任して柳下コーチの昇格するようです。・・・これじゃ変わらないと思うよ?
今回の泥沼の結果も選手やフロントの危機感の無さが原因だと思います。ここ何年も選手が育たないにもかかわらず、若い選手を使い続けることもしないで、外国人でカバーしようとしても失敗。黄金期を忘れられないサッカーをしている気がしました。
入れ替え戦を見ていてもボランチの質、ディフェンダーの意識が悪すぎました。3バックなのになんで相手FWがフリーになりますか?カバーすべき選手が思いっきり引き出されてクロスに二人もフリーだなんてありえないっすよ?ボランチも平均点のプレーしかしなかったり、ロドリゴはボール離れが悪いし。
後、村井が機能してない。ボール離れが悪いし、抜けた先でもらう意識が薄いし、他の選手へのフォローも遅いです。
この辺を情に流されず、思い切った改革をしないとまた同じ順位になりそうです。
とにかく、残留。自分の会社的にもよかったw。
posted by KEI at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24297071
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック